読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaamos-metsa うつ寛解後を生きる

心の病の寛解後、を私なりに生きて、考えています。

【うつを振り返る】自死について考えていた・考えていること

私がうつ病と診断されて通院・服薬していた期間は

3年あまりでしたが、その間、とても強い「死にたい気持ち」を

持っていました。

 

正直言うと、服薬している間の記憶というのはとても

曖昧で、ここにその「死にたい気持ち」がどのように

推移したかを書き記すことは難しいのですが、

はっきりしていることは、ずっと死にたかった自分が、

今生きているということです。

そのことについて、自分なりに振り返ってみたいと思います。

 

続きを読む

【うつを振り返る】季節の変わり目は要注意

季節の変わり目には必ず強い風が吹いて、

これまでの季節がごっそり取り払われて行く気がします。

ちょうど今頃もそんな感じ。

 

そんな時期はメンタル的にも要注意だと、毎度思います。

通院していた頃ほどではないにしろ、

荒々しく吹く風に、心も落ち着きません。

 

今はなるべく身体を冷やさないように、

長めのお風呂、温かいお茶、それから読書にしても

あまり刺激的でない本を手元に置くようにしています。

 

この季節は、街のショーウィンドウなども少しずつ

明るく華やいできて、桜色の商品やディスプレイも

見かけるようになりました。

 

でも、新しい季節が近いとあまり気を急いてしまうと、

しんどさが増す気がします。

大気が大きく揺らぐ時期は、

すこしじっとしていることが、

大切なように思っています。

 

イメージとしては、大木の下でじっと雨風がやむのを

待っている野生動物のような気持ちで。

陽が差してきたら、ゆっくり木陰から出ることにします。

 

◇◆◇◆ attention ◇◆◇◆

本ブログは素人による雑記です。

現在治療中の方、また受診を考えられておられる方には

専門家への相談をおすすめします。

 

うつの重症度が血液検査で分かる?

先日、こんなニュースに目が留まりました。www.nishinippon.co.jp

 

うつ病やそううつ病の患者計90人を対象に、医師が面接で重症度を評価すると同時に、採血して100種類余りの血中成分を分析した。その結果、3-ヒドロキシ酪酸、ベタインなど5種類の代謝物の増減に、重症度と強い相関関係があった。

 さらに、自殺願望が強いほど血中のクエン酸量が増えるなど、症状ごとに関係する代謝物も特定した。

 

 

この記事では、研究グループの

内科や職場検診での血液検査にこの項目を加えることで、

うつの早期発見につなげたい、との談話が紹介されています。

 

いろんな意見があると思いますが、個人的には

光トポグラフィーとか、このような血液検査が診断に

取り入れられれば、言葉にしがたいつらさを、検査結果が

語ってくれるのかもしれないと思います。

 

でも…

 

続きを読む

【うつを振り返る】運動したほうが良い理由を考える

よく聞く言葉ですが、

うつの時は無理のない範囲で軽い運動をしたほうがいい

とのことです。

私も医師から時々言われたような気がします。

 

私も吐き気を覚えながら、というかほとんどオエオエしながら

外で朝日を浴びつつ散歩、とかやりました。

「無理のない範囲で」といいますが、無理しないでいたら

一日中横になっていたと思うので、

こういうことでも、私にとっては結構「無理」の範囲ではあった

と思います。

だからあまり運動習慣としては身につきませんでした…。

しかし。

 

続きを読む

【気になる本】サバイバーと心の回復力―逆境を乗り越えるための七つのリジリアンス

「リジリアンス」とか「レジリエンス」、

近年とてもよく聞くようになった言葉のように思います。

 

wikiによれば、

「極度の不利な状況に直面しても、正常な平衡状態を維持することができる能力」

という定義が用いられることが多い言葉だそうです。

レジリエンス (心理学) - Wikipedia

 

このリジリアンスが、

「問題の多い家族の中で生き抜いてきたサバイバー」にも

備わっていて、この能力によってより強く成長するということが

本書の目的とすることのようです。

 

続きを読む

【ブックレビュー】インナーチャイルド-本当のあなたを取り戻す方法

少し古い本ですが(2001年刊)、

インナーチャイルド-本当のあなたを取り戻す方法」を読みました。

 

インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法

インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法

 

 

インナーチャイルドとかアダルトチャイルドと称される概念が

本当に人の回復に役立つものなのか、そのあたりはずっと疑問でした。

率直に言えば、うさんくさいなあと。

 

しばらく余談になりますが、そう思わされたきっかけは、

かれこれ14年ほど前のこと。

 

続きを読む

【うつを振り返る】日常生活でのミス=「私」が悪い?

うつ寛解後の生き方・暮らし方、みたいなことを考えてみたいと

始めたブログですが、ほとんどその辺を書いていなかったので、

今日は少し考えてみたいと思います。

 

自分を責める思考、というのが今日のテーマです。

 

こんなことがありました。

スーパーでひとやま○○○円的なみかんを買いました。

 

続きを読む