読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaamos-metsa うつ寛解後を生きる

心の病の寛解後、を私なりに生きて、考えています。

うつの重症度が血液検査で分かる?

こころ うつ

先日、こんなニュースに目が留まりました。www.nishinippon.co.jp

 

うつ病やそううつ病の患者計90人を対象に、医師が面接で重症度を評価すると同時に、採血して100種類余りの血中成分を分析した。その結果、3-ヒドロキシ酪酸、ベタインなど5種類の代謝物の増減に、重症度と強い相関関係があった。

 さらに、自殺願望が強いほど血中のクエン酸量が増えるなど、症状ごとに関係する代謝物も特定した。

 

 

この記事では、研究グループの

内科や職場検診での血液検査にこの項目を加えることで、

うつの早期発見につなげたい、との談話が紹介されています。

 

いろんな意見があると思いますが、個人的には

光トポグラフィーとか、このような血液検査が診断に

取り入れられれば、言葉にしがたいつらさを、検査結果が

語ってくれるのかもしれないと思います。

 

でも…

 

 

検査では異常ないですよ、本当に憂鬱なのですか?

なんて言われてしまってうちのめされる、そんなこともあるかもなと

思うと、ちょっと怖いです。

(もちろん、本当の詐病の人が健康と診断されるのは良いと

思いますが)

 

逆に、「もう元気なので薬は飲みたくありません」とか言っても

「いやいや血液検査ではまだ治ったとはいえませんから」

なんてこともあるかもしれないですね。

 

もし今私がこの血液検査を受けたら、どう出るのでしょうか?

 

治った、とか寛解、とかのゾーンが変わるのかもしれないなあ、

なんて思いました。

 


◇◆◇◆ attention ◇◆◇◆

本ブログは素人による雑記です。

現在治療中の方、また受診を考えられておられる方には

専門家への相談をおすすめします。